熊野のクリアファイルをデザイン

こんにちは。三重県熊野市のデザイン事務所ソルトグラフィックです。

普段はグラフィックデザイナーとして、お客様へデザインを提案するのを仕事していますが、一方で自分でお土産物のデザインをして売るということも趣味でやっています。

そんな趣味と実益の中で生まれた、熊野のクリアファイルのご紹介。

【お土産物】熊野のクリアファイルのデザイン

熊野をイメージしてデザインしたクリアファイル

私、本業のグラフィックデザイナーのかたわら、趣味で独自で売るお土産物のデザインもしています。

基本デザイナーはデザインを納品すればそこで仕事は完了。しかし、自分で作ったものを売れば、直接売り上げにもつながりますし、お土産物やパッケージデザインへの感覚も養え仕事にフィードバックできるので一石二鳥。

代表作はヤタガラスの手ぬぐい。熊野の導きの神様ヤタガラスをモチーフにしたデザインで、模様風に散りばめた手ぬぐいですが、ありがたいことに那智黒石の手ぬぐいとともに熊野土産として人気を博しています。

ヤタガラス手ぬぐい〜熊野の黒 三つ組ヤタガラス〜

【※発送について:年末年始やお盆には発送が遅れる場合がございますのでご了承ください】熊野の神様ヤタガラス(八咫烏)を…

そんな中で2年前に作ったのが熊野のクリアファイル。クリアファイルだとお土産物としても手軽に手に取りやすいし、デザイン次第でいろいろな工夫ができるからです。

「くま」と「の」を組み合わせたキャラクター

熊野のクリアファイルデザイン

いろいろと考えた中で出来上がったのが、この熊野のクリアファイル。

おもて面には熊のキャラクターが熊野古道にいる様子をイラスト化したもの。

熊のキャラクターも「くま」と「の」の字を組み合わせたデザインに。このキャラクターだけで熊野を表してみました。

木目をテクスチャーにし、色もシンプルなベタ塗りで構成。この手の色合いのお土産物が少なかったので、グリーン系が目立つ色彩で仕上げています。

熊野古道観光のお客さんに買ってもらいたいことから、左上には「歩 くまのこどう」とアイキャッチ。

裏面は木目に熊野古道

表面はイラスト系ですが、裏面はもう少し落ち着いた感じにしています。

木目ベースに、熊野古道の石畳を描いたもの。はっきりと描くのではなく、やや白抜きでわかる程度に仕上げました。

クリアファイルは表裏あるので、どちらとも似通ったデザインではなく全然違う風にしたほうが面白かろうと、このような形に。

人によってはイラストベースのものを好まない人もいるので、そんな人は裏面を主に使ってもらえればと、シンプルな熊野古道デザインにしました。

裏面もお土産物なので、左上に「世界遺産熊野古道」の文字。ご当地お土産デザインの鉄則は、その土地の名称を入れることです。

カバンに入れやすいA5サイズクリアファイル。観光地でもらう冊子を挟むのに便利!

A5サイズの熊野のクリアファイルはカバンに入れるのに便利。

さて、クリアファイルといえば一般的にはA4サイズのものが多いです。仕事などの資料など、A4サイズの紙に印刷することが多いから。

しかし、熊野のクリアファイルはあえてA5サイズで作りました。それはなぜか。

一番の理由は、カバンに入れやすいサイズにしたかったからです。

観光地に行くと、その土地のパンフレットや小冊子、チラシ、チケットなどたくさん思い出に持ち帰ることでしょう。しかし、それらって結構かばんの中でぐちゃぐちゃになったりするんですよね。

クリアファイルとかに入れておけば、ぐちゃぐちゃになる可能性は減りますが、A4サイズだと旅先でちょっと持つカバンに入れるには大きすぎる。そこで、普段使いのカバンにもすっと入れて持ち運びやすいA5サイズにすることにしました。

私も普段から使っていますが、このA5サイズは持ち歩くのに非常に便利。カバンに入れておいても邪魔になりませんし、A4サイズのチラシなども半分に折りたためば入るので重宝しています。

ぼちぼち売れています!

この熊野のクリアファイルは、三重県南部の道の駅などをはじめ、お土産物屋さんで購入できます(例:道の駅ウミガメ公園さん、道の駅 パーク七里御浜さん、道の駅 熊野・花の窟さん、おわせお魚市場おととさんなど)。

売れ行きはというと、ぼちぼち売れています。ありがたいことに、売れるときは一度に10枚ぐらい買ってくださるお客様もいるそう。食べ物系のお土産が多い中で、クリアファイルはお友達に配るなどに手頃なグッズだと思います。

売り場の人に聞くと「A4サイズはないの?」と聞かれることもあるみたい。A5は一般的なサイズではないので、その辺で敬遠されることもあるかもですね。一方で「このサイズがいい!」と喜んでくださるお客様もいるそうです。

ポップなどで、カバンに入れるのに便利と強調すれば、また売れ行きは変わってくるかもしれません。こうして自分のお土産物でトライアンドエラーしながらつかんだノウハウは、クライアントさんへの仕事へも還元できるのがいいところ。

このクリアファイルは熊野古道をイメージして作りましたが、また他のモチーフでデザインすれば、面白いものができそうです。

熊野地方にお越しの際は、お土産物売り場などで熊野のクリアファイルをチェックしてもらえれば幸いです。

デザインが必要な時はソルトグラフィックへどうぞ

※ロゴやパンフレットなど各種デザインがご入用の時にはソルトグラフィックにご相談ください。

オニツカタイガーとオリンピック

こんにちは。三重県熊野市のデザイン事務所ソルトグラフィックの塩崎です。 昨日、ずっとみつづけていた大河ドラマ「いだてん」が最終回を迎えました。 物語自体にも色々 […]

道の駅熊野板屋九郎兵衛の里

こんにちは。三重県熊野市のデザイン事務所ソルトグラフィックです。 観光地である三重県熊野市にはいくつかの道の駅があります。その中でも、山間の紀和町にある「道の駅 […]

熊野古道波田須の道

こんにちは。三重県熊野市のデザイン事務所ソルトグラフィックの塩崎です。 私は熊野市でデザイナーをしており、時々「熊野っぽさ」を出したデザインを担当するときもある […]

いざなみ米のロゴ

こんにちは。三重県熊野市のデザイン事務所ソルトグラフィックの塩崎です。 本日は、私がパッケージデザインを担当させていただいた「いざなみ米」の紹介と、花の窟神社に […]

野菜や果物の色にこだわった並べ方、見せ方

こんにちは。三重県熊野市のデザイン事務所ソルトグラフィックの塩崎です。 先日ツイッターでみつけた、ある柑橘類の画像。それはとても美しく「手に取りたい!」という感 […]

熊野のクリアファイルデザイン
salt graphicの情報はこちら!
>ロゴデザインに強いソルトグラフィック

ロゴデザインに強いソルトグラフィック

三重県のデザイン事務所ソルトグラフィックで得意としているのがロゴデザインです。
これまでに企業、道の駅、個人商店、イベントなどのデザイン制作を通じ、多くの実績とノウハウを積み重ねてきました。
企業やお店の顔となる重要なものだからこそ。ソルトグラフィックでは質の高いロゴデザインをご提案いたします。

CTR IMG